たまに選手の動画を分析することがあります。今回は選手の父ちゃんから送ってもらった動画を参考に、選手のトラップ等についてアドバイスをしたんですが、

結構このことは日本の少年サッカー全体に当てはまる事なのかなと思ったので、こっちでも紹介させて頂くことにしました。


動画

動画を見ればもう内容は大体わかりますが、

いろんな指導者が子供たちに言う『ワンタッチ目で動かせ』というこの言葉、もちろん必要なシーンもありますが、基本的に僕はこの考え方には反対です。

理由は簡単で、選手がゲーム中最も『何でもできる』という状態は止まっている時だからです。

選手は誰も例外無く、スピードが上がるほどに技術を発揮しづらくなります。

もちろん臨機応変ってのは大前提ですから例外はいくらでもあるものの、僕は基本的には

相手を抜き去る時
前方に広大なスペースがある時

この2シーン以外ではなるべくスピードを落としてプレーするようにしています。

トラップも同じ、

例外はあるものの、基本的にはゲーム中『いかに足元にピタリとボールを収めるか』が次のプレーの自由度、選択肢数を決定するからです。